のど(咽頭)の性病とは

のどの性病は粘膜での感染です

のどの性病とは性器や肛門などに炎症を起こす、いわゆる性感染症のもととなる菌がのどの粘膜にも感染してしまうことです。最近はクラミジアや淋菌がのどに感染してしまうケースが多く、咽頭クラミジアや咽頭淋菌と呼ばれています。少し前までは梅毒が代表的なのどの性病でしたが(咽頭梅毒)、性器への梅毒感染の減少とともにのどへの感染もほとんどなくなりました。
なぜのどの性病になってしまうのかというと、これら性感染症の菌はほとんどが粘膜さえあれば感染できるため、のどの粘膜にも感染してしまうわけです。しかし菌の強さや増殖条件などにより性感染症を引き起こすすべての菌がどれも同じ割合でのどへも感染するというわけではないようです。のどの性病は性器の同じ病気より治りにくいのが特徴です。その上、症状が薄いために感染したことにさえ気づきにくく無自覚のまま慢性化してしまいやすいのです。このことは同時に、クラミジア淋病の感染拡大にもつながっていきます。
のどの性病は性器に感染していたものが転移してなるものではありません。それぞれ独立した病気と考えましょう。性器がクラミジアなどに感染していても、のどは感染していなかったり、またその逆のケースもよくあります。性を取り巻く社会や人々の考えが変化していきそれが、のどの性病の増加に影響を与えているのではないかとされています。

のどの性病の症状(咽頭淋菌・咽頭クラミジア)

のどクラミジア|淋菌は風邪に似ています

のどの性病のほとんどは咽頭淋菌と咽頭クラミジアですが、男女ともこのふたつはどちらも症状に出にくく、むしろ多くの場合が無症状です。症状にでる場合は咽頭淋菌も咽頭クラミジアも同じ症状となって現れます。
まず、のどの粘膜が腫れます。これがのどに淋菌やクラミジアが感染したという、のどの性病の最初のサインです。しかし、いがらっぽい程度だったりもするので、意識して鏡などで確認してみてもわかりにくい可能性が高いです。のどの性病の感染が本格化してくると、のどの痛みや発熱、たんが出るなど、いわゆる咽頭炎の症状が現れるようになります。ここまでなったらこれ以上重い症状が現れることはないと思ってよいでしょう。
このように、咽頭淋菌や咽頭クラミジアなどのどの性病の感染症状は、風邪の症状とよく似ています。そのため症状に現れても自分でそれと見分けることは難しく、のどの性病に感染していると気づかないことも多いのです。しかし、のどの不快感の原因が淋菌やクラミジアだった場合、風邪薬では治りません。じくじくのどの風邪が長引いていると感じたらそれはのどの性病に感染しているのかもしれません。あとは、上のようなのどの症状とともに性器に淋菌やクラミジアの感染が見つかったときは、のどの性病にも感染している可能性があります。

のど(咽頭)の性病の感染原因

のどの性病の原因はオーラルセックスがほとんどです

のどの性病のおもな感染原因は、オーラルセックスによるものです。性器から口へ、口から性器へ、どちらの場合でも同じ確率で感染する可能性があります。また、ディープキスによって口から口へ感染する可能性もあります。フレンチキス程度であれば、感染はしません。いずれの場合もたとえ相手が同性であっても、のどの性病は感染します。
のどの性病は、特に風俗業界を中心に感染が確認されてきました。そして現在も、風俗はのどの性病が一番感染しやすい場所であるとされています。風俗での感染拡大の大きな原因として、客である男性が性感染症そのものに対して軽く考えている傾向があることが挙げられます。また、最近ではオーラルセックスそのものが普及し、恋人同士での感染など、以前は少なかった風俗以外でののどの性病感染が増えています。
のどの性病も性器の性病と同じく、どちらかでも予防に消極的であれば、それだけで感染の可能性は高くなってしまいます。さらに、のどの性病は感染しても重い症状にならないので気づきにくく放置されやすいため、そういった特徴も感染を広げる原因となっています。また、のどの性病を引き起こす淋菌やクラミジアは体外での繁殖力は弱く、同じ食器やタオルを使う程度では感染しません。のどの性病に感染するのは、感染者と直接粘膜が触れ合ったときだけと考えてよいでしょう。

のど(咽頭)の性病の検査

のど性病は咽頭ぬぐい液で検査します

のどの性病と性器の性病とは、菌は同じでも違った病気として扱われます。そのため、検査も治療も別々に行います。のどの性病の検査は、耳鼻咽喉科でやってもらえます。産婦人科や秘尿器科などではやってもらえませんので注意しましょう。
のどの性病の検査方法は、培養法などが用いられます。のどの奥の扁桃付近(のどちんこの辺り)を専用の綿棒でぬぐい、そうして採取した咽頭ぬぐい液を培養させます。そして培養した中に淋菌やクラミジアなど、のどの性病を引き起こすものが存在しているかどうかを調べます。咽頭ぬぐい液を採取してもらう際は意識して口を動かさないようにしたほうがよいです。舌や歯などのど以外の部分に綿棒がさわると口の中にもともといる菌が混ざってしまい、肝心ののどの性病感染の検査結果がわかりにくくなってしまうためです。また、綿棒でぬぐられた後、のどに軽い痛みを感じることがありますが、これは一時的なものなので心配しなくて大丈夫です。
のどの性病の検査は特に危険性はありませんが、なるべく丁寧な医師にやってもらったほうが不快感も少なくすみます。検査結果がでるまで、少し時間がかかることもあります。同じようなのどの性病検査を、自宅で自分で行うこともできます。しかしのどの性病のセルフ検査(郵送検査)は非常に低い確率ですが、間違った検査結果がでてしまう可能性もあります。ですから、できれば医院での検査をおすすめします。

のど(咽頭)の性病の治療

のどの性病は放っておいてはいけません

のどの性病は性器の性病に比べると治りにくいとされていますが、抗生物質の投与で完治することができます。治療期間は早ければ7日間、長くても14日間程度で菌を消滅させることができます。以前の、のどの性病治療にはペニシリンなどの抗生物質が使われていましたが、それらに耐性を持った菌が増えたためにほとんど効かなくなってしまい、現在ではより強力な抗生物質を使うことが多いようです。
性器や膣と違って口の中はもともと細菌が多いため、それらの細菌とのどの性病を発症させた菌とが遺伝子交換を行い、さらに抗体をつくりだして強い菌になってしまいやすいのです。これが、のどの性病が性器のものより治りにくい原因といえます。
のどの性病は放っておいても治ってしまうこともありますが、悪化すると敗血症になるおそれもあります。特に咽頭淋菌には注意が必要です。また、性病の治療はパートナーがいる場合は二人同時に行うことが基本ですが、のどの性病も例外ではありません。同時に治療し、再発を防ぎましょう。
のどの性病の治療中は、性行為はなるべく控えるようにしてください。薬の効き目が弱まり、治療に時間がかかってしまうためです。淋菌やクラミジア感染などの治療中に気をつけたほうがよいことは、のどの場合も性器の場合もだいたい同じです。のどの性病の治療は、耳鼻咽喉科で行います。

のど(咽頭)の性病の予防

のどの性病にならないためにもコンドームを

のどの性病の一番の予防法はオーラルセックスをやらないことです。しかし、仕事だったり気持ち的なものだったり、そうもいかない場合もあります。それではオーラルセックス有りでも効果的なのどの性病の予防はというとコンドームを着用することです。コンドームは男性用・女性用、どちらを使っても高い予防効果があります。
しかし、使い方を間違ってしまうとその効果も薄くなり、あまりのどの性病予防の意味をなさなくなってしまいます。コンドームは、最初から最後までずっと装着しているのが理想的です。のどの性病ですから、口と性器が直接触れ合わないようにすることが一番の予防なのです。言い方を変えれば、実践できるのどの性病の予防法はそれしかないということにもなります。
のどの性病にかかりにくい、予防につながるものとしては、女性で風俗店で働く場合は、店として定期的に性病検査をしているところを選びとよいでしょう。のどの性病も早期発見されやすいですし、決まった医師がついているというのは安心できるものです。
また、男女とも以前にのどの性病に感染したことのある人は、のどの性病を再発しやすくなっているので定期的に性感染症検査をすることが望ましいです。多くの病気がそうであるように、のどの性病にも完璧な予防法は存在しないのです。のどの性病の正しい知識を身につけ、なにより相手を思いやることが、予防効果を高めていきます。